WordPress

WordPressでGoogleサーチコンソールの設定方法

2020年4月4日

WordPress Googleサーチコンソール

 

女性
Googleサーチコンソールって何?WordPressの開設はできたけど、
設定方法や運用方法が知りたい

こんな疑問を解決します。

 

SEO検索順位を計測できる無料ツール「Googleサーチコンソール」。

今回は、WordPressでGoogleサーチコンソールの設定をする方法について、画像を使いながらわかりやすく解説していきます。

導入するデメリットは0なので、ブログに必ずづに有しておきたい便利ツールの1つです。

 

この記事を読むと、Googleサーチコンソールの設定が簡単に終わります。

記事通りにやっていただければ、導入は簡単に終わりますので、ご安心ください!

それではやっていきましょう。

 

Googleサーチコンソールとは

 

Googleアナリティクス

ポイント

Google 検索結果での自社サイトのパフォーマンスを監視・管理できる Google が提供する無料サービスです。

簡単に、

「どのような検索Wordで」
「どのくらい表示され」
「どのくらいクリックされた」

かが自分のサイトの現状が検索結果にあらわれ、視覚化することができます。

なので、WordPressのブログ運営には欠かせないツールのひとつです。

 

Googleサーチコンソールの設定手順

それでは設定の手順を見ていきましょう。

Googleサーチコンソールの設定手順3つ

step①:Googleアナリティクス設定
step②:サーチコンソールにログイン
step③:URLプレフィックスにURL入力

順番にご説明していきます。

Googleアナリティクス設定

 

Googleサーチコンソールを設定する際は、サイトの所有者の確認が入ります。

 

サイトの所有権

実際に画像の様に確認が取れないと使用できないに近いことが書いてあるんですが、

これを簡単にパスするために、まずGoogleアナリティクスの設定を済ましてください。

別記事になりますが、下記の記事よりGoogleアナリティクスの設定手順を解説しております。

詳細記事
WordPress グーグルアナリティクス
WordPressでグーグルアナリティクスの設定方法

続きを見る

 

サーチコンソールにログイン

Googleアナリティクスの設定が終わったら、いよいよGoogleサーチコンソールの設定をしていきます。

Googleサーチコンソールの公式サイトへアクセスしてGoogleアカウントにログインしましょう。

(Googleアナリティクスと同様のGoogleアカウントを使用してください。)

 

すでにログインしていれば下記の様になると思います。

Googleログイン

 

URLプレフィックスにURL入力

 

URLプレフィックス

右側の「URLプレフィックス」という項目に、サイトURLを入力します。

このとき「http://」の部分も入力をしないとすすめられません。

 

所有権を自動承認しました

Googleアナリティクスの設定をしていたおかげで、所有権を自動確認!!

「プロパティに移動」をクリックすると、Googleサーチコンソールの管理画面へと進みます。

 

Googleサーチコンソール

 

 

最初は、上記のように「データを処理しています。1 日後にもう一度ご確認ください」と表示され、1日待つと使用できるようになります。

 

これでサーチコンソールの設定完了です。

 

Googleサーチコンソールの使い方

では、ここからは実際にGoogleサーチコンソールをどの様に使っていくのかご説明していきます。

使用用途としては2つです。

Googleサーチコンソールの使用用途2つ

① 新規記事のインデックス
② 検索パフォーマンスの確認

「①新規記事のインデックスリクエスト」は、GoogleのURL調査ツールを使い、インデックス登録をリクエストしましょうを参考にしつつ、リクエストしてみてください。

インデックスリクエストすると、記事をGoogleの検索結果で表示するために、クロールしてもらう優先度が上がります。

Googleクローラーとは、ウェブページを巡回し、情報を収集してデータベースに登録(インデックス)するプログラム(ロボット)のことを指します。

このロボットが定期的に、サイトの新しいページや更新された箇所を読み、検索結果ページに最新データを反映していきます。

そのため、クロールされなければインデックスされることもなく、更新した情報も反映されません。
ということは、SEO対策にはクローラー対策も考慮する必要があります。

 

②のパフォーマンスの確認は重要ですが、

正直限界があるので、「RANKトラッカー」を使用したほうがよいかと思います。

記事をリライトすることで、SEO検索順位がUPして検索流入を増やすことが期待できますよ。

 

Googleサーチコンソールをうまく利用してサイト集客していきましょう。

 

お疲れさまでした。

-WordPress

© 2021 RYO'S NOTE